寺山直哉 教授
INTERVIEW

寺山直哉 教授

  • デジタルアート・アニメーション学専攻
  • CGを中心とした映像作品の企画・制作・プロデュース/CG合成/VFX

CGアニメーション業界への進路を考えている学生にとって、本専攻でアニメーションを研究することにはどんなメリットがありますか?

そうですね、一言でいうと、常により社会性を意識しながら技術力と創造力に磨きをかけられるということだと思います。そうした厳しくも充実した環境に身を置き、自身の“クリエイター修行”に2年間邁進できるということは、学部時代の幅を広げる学習に加え深さを追求する研究によって、自身の価値を即戦力としてより上げるということにも繋がります。

CGアニメーション業界に限らず、ゲーム会社や映像プロダクションを始めとする幅広いクリエイティブ系企業が求めている人物像は、技術面で秀でていることや創造性に富んでいるということは当然ですが、各業種や職種によってそれぞれ微妙に優先される内容が異なってきます。

例えば、キャラクターや背景などの作成を中心とした技術職であるCGデザイナーの場合は、プロデューサーやディレクター、あるいはクライアントからの指示や意図を的確に把握して制作物へと落とし込むためにも、まず第一に指示通りに具現化させる技術力が要求されると思います。いわゆるプロのお仕事の作法として、自身の好みではなく、お客さんの好みに合わせたクライアントワークが必須であるということです。 また、部下のために仕事の案件そのものを生み出すプロデューサーや、多くの技術職系の部下へ指示を出しながらクライアント自身の想定をも超えた品質で作品を向上させていくディレクターなどの総合職に対しては、当然ながら創造性というスキルが第一に求められます。クライアントの望みに応えることに加え、常にその枠を良い意味で逸脱できる想像力や俯瞰力、そして決断力が求められるということです。

本専攻においては、目標や適性に応じた多種多様な必要条件としてのスキルを、一定のプレッシャーのもとで身につける機会となる、学内外から誘致した実際のプロの仕事を活用した本格的なOJT(On the Job Training)への参加も、学部生に比べより多くの時間を割くことが可能です。 そうした多くの産学連携プロジェクトを積極的に活用することで、自身の技術力や創造力が、実際の社会での問題や課題解決に対して、どのように役立つのかを身をもって体験できるということが更なる研究への意欲にもつながると思います。

journal of applied pharmacy canada

本専攻では、自身の技術性や創造性を手段として「人を楽しませる」といった商業芸術における基本的な目的を達成できることに加え、作品の発注者であるクライアントや作品の最終的な受け手である消費者側の視点に沿った思考を身につけることで、作品と社会との接点における様々な問題発見能力にも優れるなど、徹底したユーザー意識を合わせ持った社会性豊かなクリエイターの育成を目指しています。 社会的な面から見ると、時に愚直とも取れる、利他的な人間性を有したクリエイターの育成という、技術性・創造性・社会性のバランスの良さが本専攻の売りだと考えています。いわゆる“使える人材”の排出ということですね。